2010年06月17日

告知


2010.06.28(MON)
仙台LIVEHOUSEenn-2nd
【Can you say my name?】

・青木電工
・スパンキングDOLLS
・クレージーモンキー
・colossal youth
・中庭幕府
・The Roaming Cigarettes

op18:30/st19:00
前売\1000(D別\500)



 俺↑の“クレージーモンキー”ってやつです。

 ThePonyTailsのケンタさんをDs.に、
 ミッシェルファンエレガントのスズキヨシナをBa.に、
 俺はGu.Vo.で、
 バンドやります。



 笑拳。 笑拳ね。

 ジャッキーがね、好きなんです。
posted by 大場 at 18:18| Comment(24) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

5月12日だと思ってください。

 無理ですね。




 2010.05.02(SUN)ARABAKI二日目
 晴れ時々曇り



 満喫にて某LEMONsの人に叩き起してもらう。
 仙台駅東口から飛び乗るシャトルバス。
 わいわいしてる皆さんを横目に若干の二日酔い。

 二日目が始まる。


9:30〜BLUEV
 衣裳がグリーンホーネットになってらっしゃる。 いつの間に。 相変わらずのブルース・リーぶり。 ラストはまさかのSPEEDでオーディエンスを煽るゴーマイウェイぶり。 ブルースリーはパワーアップしてらっしゃった。

10:00〜S.P.N POWER
 弘前Mag-Netの高取さんバンド。 初めて拝見させていただきました。 なんということでしょう。 日も昇り切らぬこの時間から泣いてしまう。 高取さんの言葉。 耳に入らず胸に直でくる。

 物思いにふけつつフラフラ、寝っ転がる、フラフラ、嗚呼高取さん。

11:00〜THEATRE BROOK
 いや、凄い。 気持ち良い。 きもい。 凄ぇ。

 andymori転換時間を利用しちょっとだけZAZEN BOYSへ。
 いや、凄い。 気持ち良い。 きもい。 凄ぇ。

 そしてやっぱりどう考えても今年音が良い。

12:00〜andymori
 隣の何待ちか分からん場所取り客がくだらない事を散々に散々に述べ散らかすので頭にきつつ、爆ノリ。 場所取りの被害に初めて遭う思い出のライブになりました。 曲間で愛のあるオーディエンスの愛のある野次っぽい茶々入れにDs.後藤氏は「次はCITY LIGHTSだよ。」とひねりの利いた返し。 多分何言ってるのか聞き取れなかったんだな。
 ファンファーレと熱狂
 赤い太陽
 5時のサイレン
 6時の一番星

12:55〜Cocco
 こっこちゃんが観れるとは。 シングル曲も結構やっていた、フェス仕様かしら? 偏った選曲でも全然よかったのに。 逆にちぐはぐな印象。 個人的には久々に観る大村達身氏にグッとくる。 バッキングがもう...。 嗚呼達身。

 ここからウロウロが始まる。

 まず飯。
 フェス飯に手が出ないので持ち込んだチーマヨロールで腹を満たし一杯のビールに全てをかける。 この一杯のビールのために生きていると思えるほどさ。
 飯中に通り雨がぱらつく。 この雨で一瞬虹が出たらしい。

 何も観ずただただまったりと時間が過ぎる。

15:10〜GO!GO!7188
 浮雲スタート。 速い。 ターキー凄い。 速い。 ターキー凄い。 凄い速い。 ターキーが凄過ぎる。 あとギターの音も凄い。 凄い。 こいのうたが聴けた。

 抜け出して山さんへ。

15:??〜山崎まさよし
 巧いし上手いしウマい。 溜息が出るがノる。 カッコよ過ぎる。


 さて、吉井さんか、と思ったらバーベキューの呼び出しに喰らいつく。
 とある場所でバーベキュー。
 フェスは二つ同時進行されているものと知る。

 バーベキューを満喫。 “フェスでバーベキュー”の念願叶う。

18:20〜the pillows
 ファニーバニーで拳。 ハイブリッドレインボウで拳。 俺一人ノリがちょっと違う事に気付く。 まぁいいか、と拳。 あそこのあの歌詞がいいんだよ。 拳あがるよね...? あ、別に拳とかあげたりしないの..?

 BAN-ETSUの広いオーディエンスエリアに寝っ転がったりして一呼吸。

 ラストへ。

19:30〜RESPECT FOR 忌野清志郎
 一発観ただけで好きになった清志郎さん。 どれだけの人がどれだけ彼を愛しているんだろうか? 懐の深さが見えない大きなロックに多分好きになってもなってもどんどん好きになっていくようなミュージシャンなんだと思う。
 色んなミュージシャン達が清志郎さんに音楽を送ってた。

 CHABOさんが昼間の通り雨の時に虹を見て清志郎さんを感じたと言っていた。



 帰りはゴミを拾いながらバスへ。

 歩き疲れてふっと眠って気付いたら仙台駅。


 夢見てたみたいな感触でARABAKI二日間が過ぎました。

 感謝。
posted by 大場 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

ARABAKI ROCK FEST.10〜一日目

 風邪もだいぶ落ち着き10日も過ぎたレポ。
 レポってか個人的感想記。 そして自分の記録。


 思えば散歩みたいにフラフラしまくったな。



 2010.05.01(SAT)ARABAKI一日目
 晴れ時々曇り


10:00 ARABAKI着
 ゲート前にて1ホールでケーキを持ちこんでいるナイスガイに何故が高揚。 今年も米製ゴミ袋がいい香り。 ARABAKIが始まる。

10:10〜SCOOBIE DO
 密かに楽しみにしていたコヤマ氏の超絶超舌MC、型が出来たんだなぁと若干残念。 持ち時間短きフェス仕様かしら? Moby素晴らし、スクービーは無敵の演奏力。 踊る。

 ARAHABAKI小さくなった?

10:40〜藤原美幸(秋田民謡)
 HANAGASAへ向かう道すがらに一服しつつチラ観。 “どんぱんどんぱんどんぱんぱん”が秋田民謡だったとは。  そしてこの曲でオーディエンスを煽るとは秋田民謡恐るべし。 フェス仕様かしら?

 一服を済ましHANAGASAへ、唯一の屋内ステージHANAGASA。 巨大化し、めちゃカッコいいステージになっていて目の前にしてすでにテンションが上がる。 ライブスタート前に新ステージBAN-ETSUにも足を延ばす。 こちらも素晴らしいロケーションのステージでこれまた上がる。 小高い丘の麓にある感じでオーディエンスエリアの奥行きはARABAKI一を誇るステージ、オーディエンスで埋まったならばウッドストック的風合いが出るんじゃないかと思われる。 しかしARAHABAKIあたりのメインエリアから遠い、歩く歩く。

11:20〜ko-rioni
 いざko-rioniのライブスタート。 近頃のko-rioniのミドルテンポナンバーの神の降り具合。 ボディーブローのような押し引きのやり取り。 ARABAKIのステージである事を忘れるほど没頭。 Ds.ハルカ氏の新スネアが素晴らしい鳴り。 ビッグマフをオンした時のブースト具合が抑えられている気がするのは変化したのかしら?

 ko-rioniが終わった瞬間盛大に拍手を送り、BAN-ETSUへダッシュ。 もはや今回の目的と言って過言ではないmonokuroを観るため。 某Jetphaserの人と某LEMONsの人とダッシュ、二人をぶっちぎって爆走で独走、「ケムール人の走りを見た。」という絶賛と爆笑。 自分自身異常なまでの身体の軽さに驚きながらただ一人monokuroのスタートに間に合う快走。 ケムール人の走り→こちら

11:40〜monokuro
 これを観るためにARABAKIに来ました。 感無量。 バラバラになりそうな気管のことも忘れて爆ノリ。 もうmonokuroに関しての目線は感想を述べられるものでは無くなっているので書きません。

 monokuro終了後乾杯へ。 サニーデイを観るつもりでいたのに乾杯へ。 この一杯のビールのために生きていると思えるほどさ。
 まんまとまったり。

12:00〜SuiseiNoboAz
 記憶が曖昧。 カッコよかった、というインパクトだけが頭に残っています。

 記憶が曖昧、というのもこのあたりから一人になり、もはや何かの達成感と謎のネガティブが合い重なり一時燃え尽きています。

 (ひ)

 ARAHABAKI方向へ歩き出すもさてどうしたものかとあても無くHANAGASAへ。

12:50〜The Mirraz
 こちらもチラ観、以前観た衝撃は全く衰えずに滾っていました。 歩きまわってる最中のミイラズTシャツ目撃率の高さに驚く、目立つ、ということもあるけれども。

 ここいらでいよいよ以て「もう帰ってもいいな。」とか思い始めます。 完全に燃え尽き。
 フラフラとまたARAHABAKI方向へ。

13:10〜Ohbijou(CA)
 フラフラしてる自分にもってこいの音が鳴っているので一服したまま居座る。 キャナダからお越しのバンドさんだがどこかアジアンなチャイニーズな声とメロディ、柔らかなバンドに呆けつつ見入ってしまう。


 そんな最中ARAHABAKIではOKAMOTO'Sが最強のライブをぶちカマしていたらしいという後日談だが、この瞬間の自分の頭にはロックのろの字も無い抜けっぷり、HATAHATA脇の柵に腰かけたまま、ゆるくゆるーくフェスを楽しめば良いなー、心地良いなー、うお!カヒミ・カリィがボーカルサウンドチェックに出て来た!キャアアアアアアアア! テンション不安定。

14:15〜カヒミ・カリィ
 どアタマ前線でガン見した後はもう芝生に寝っ転がって観る。 青空に散っていくカヒミ・カリィの声にしこたまやられる。 微笑にもしこたまやられる。 自由に演ってらっしゃいました。 ギターとベースとの三人編成。 風が吹くような演奏。 歌の入りが取れずに呼吸を読んでいる様まで美。 美しかった...。 美しかった......。 

 そしてまたフラフラ、徘徊。 徘徊に次ぐ徘徊。

15:20〜難波章浩-AKIHIRO NAMBA-
 一曲目ギター、ドラムのツーピースでアレンジ違いのSTAY GOLD。
 泣く子も黙って何かを決意するポジティブな男前ぶり。
 でした。 10分押しスタート。 このあたりからHATAHATAが押し始める。

 そろそろMICHINOKU見とこうかな。とステージを見るためだけに移動、ようやく目的のある歩行。 TOKYO No.1 SOUL SETが演っていた。 あれ?こういう感じの人達だったっけ?と思った。 ブギーバック...自分はアレ嫌いだ。
 MICHINOKU小さくなった?
 TSUGARUへフラリ。 KING & PRINCE(YO-KING & 堂島孝平)。 YO-KING氏はやはりYO-KING。 カッコよい。 個人的フェスが合うアーティスト五本の指に入る人。 TSUGARUステージはARABAKI最強の爆音ステージHATAHATAの音が丸かぶりする不遇のステージ。 ヨーキンさんは難波さんの爆音に御立腹だったらしい。 難波さん押しスタートの押し終演?

16:30〜THE PREDATORS
 16:30スタートというか17:00スタート。 やはりHATAHATA爆音。 新Ds.さんのタイトぶりにグッとくる。 さわお先輩にロックしてもらう。

 今年もエレカシそっちのけで今更ぞっこんになった髭ちゃんのサウンドチェックへ。
 メンバー各人自身でサウンドチェックする様にグッとくる。 礼儀正しい髭ちゃんさん達は「よろしくお願いします。」を欠かさない。

17:20〜HiGE
 凄まじい音バランスの良さ、音作りに感服。 というか今年のARABAKI全体で音がすごく良い。 アイゴン氏のギターが入れ替わり立ち替わる。 念願の髭ちゃんであったのを除いても楽しかった。 髭ちゃん楽しい。

 完全復活。 HiGEパワーである。 ありがたい。

17:40〜ザ・クロマニヨンズ
 やはりHATAHATA爆音(二個目)。 流石の安定感とロックンロール。 貫禄のライブ。 間違いの無いライブ。 とてつもない人だかり。

 ウキウキとフラつく数時間前とはフラつき方が違う。

18:50〜BOOM BOOM SATELLITES
 やはりHATAHATA爆......あれ? 弦楽器小さい。 一昨年のブンブンとは見違える音量。 押しという事情もあったため某Jetphaserの人と“Kick It Outを観たらUA”との縛りでいたが3曲終了で大場離脱。 最後に演ったらしい。

19:30〜UA
 寝転がっていると二連の流れ星というミラクル。 UA圧巻のライブ。 声というものは凄い。

 MICHINOKUからBAN-ETSUへ、端から端までのこの日一番の大移動。

20:40〜The Birthday
 一日目のシメ。 いつぶりのチバ氏か。 丸くなってらっしゃった。 また違うフロントマンの顔になってらっしゃった。 今井さんのギターが凄く良いなと思った。  そしてBAN-ETSUとてもよいステージ。 ここが増えたのは素晴らしい事だと思う。



 一日目終了。
 ワラワラと人ゴミに紛れバスを待つ、この時間もフェスとして楽しめる余韻に浸りつつ帰宅...

 せずに、とらのあなへ。

 そして決意の漫喫泊からの二日目へ。



 今年のARABAKIは感謝のARABAKI。
 そして紆余曲折、瞬間瞬間に移り変わりながら濃い時間が過ぎました。







 長々失礼。

 そして二日目は明日書く。
 もう仕事へ行きます。
posted by 大場 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

風邪

 ARABAKIの思い出を書き殴ろうと思うも風邪おっぴいてぐわんぐわんです。


 ARABAKI参加の知人達も次々に「風邪」「風邪」「風邪」でありまして。

 十周年の快晴な最高ロケーションも後には体力低下のハイリスクが付いてきたようです。





 とりあえず簡単なレポを一つ。





 最高だった。





 では、また後日。
posted by 大場 at 19:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

輪王寺アースデイにフルテンを。

 友人の勧めで輪王寺アースデイへ。

 20100424192047.jpg
 境内へ続く石階段。

 どうやらキャンドルナイトとのことでそれはもう綺麗なキャンドルにハァハァでした。






 石階段を普段よりも足取り緩やかに登り切ると特設ステージではアースデイに駆けつけたヒーローがインタビュー&メッセージ。

 20100424193007.jpg
 植樹マン



 腹部には一文字、

 “木”



 インタビュアーからの「好みのタイプは?」という地球もクソも無い質問(おそらく振り)に対し普通に女性を指差す地球ヒーロー、特設ステージ脇には逞しい木が生えていたというのに。
 どうやら中身の人はポージングの練習しかしていないとみえます。






 この日の目的は、メインイベント“三上ちさこLIVE”
 三上ちさこさんは元Fra-FoaのVo.さん。
 バックのバンドには三人中二人が元Fra-Foa、演奏曲もFra-Foaというスペシャルライブ。
 友人も「あれはもはやFra-Foa。」と鼻息を荒げる具合です。

 演ってる本人達も目一杯に楽しんでいるように見えました。
 ふとした瞬間の呼吸の読み合いにハートとスリルがありました。


 三上さんはアンテナ全開で爆音と空気をキャッチし続けて月とチャネリング、ブーストしまくってブレーキ破壊の後「モットクレ!」の叫びと共にギターアンプのツマミをフルテンにしディストーションサウンドをかぶりつきで喰らい尽くしておりました。

 エネルギーが溢れとる。


 夜にもなればまだまだ冷えるこの日の寒さも忘れて観ていました。

 熱い人。






 ついでにすっかり植樹の事忘れてました。

 ほら、あれだ、ブラジリアンなんとかを植えよう。
posted by 大場 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

かいーーおーけぇん

 昨今のアクションフィギュア?ってのは凄いのですね。

 いや、だいぶ前から凄いのか?



 ドラゴンボール世代としては燃える逸品。


 もうこれなんて完全に界王拳。

 DB02.jpg









 この歳になってアレだが、これはマジで欲しいな。
posted by 大場 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

ついつい

 ツイッター始めます。


 /nero127



 フォローミー。
posted by 大場 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

今年もうめのした

20100418065550.jpg いつだったかな、
 我々は一本の桜の木に対して“うめ”と名付けた。






 花をつけない枝も間見える老木だが、その風貌は大きく美しくしだれていて榴ヶ岡一の桜である(と思う)。






 さぞ屈辱であろう。





 ボヤいているであろう。






 「梅じゃねえ桜だ!」



 「毎年来といてコノヤロウ!」



 と。





 うめ、今年も綺麗だぞコノヤロウ。
posted by 大場 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

んこなああぁぁぁぁゆきぃぃぃぃ

 ねぇ




 雪降ってきたねぇ。

 もうそれはいいよって声が聞こえるんですけども、最後にするから今回ばっかりは云わせてよ。








 天気予報がヤバいっつーので明日に変更になったんですけどね、

 今日俺ね、

 “花見する予定”だったんですよ。







 もうね、一周回って嬉しいです。


 春の珍事にダブルで花見がぶつかるのなんて俺くらいだ!

 やったぜ!!!

 マジで!

 ィィイヤッホォォォォォォォ!!!!
posted by 大場 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

ボクらのサクラ

20100412103629.jpg20100412103657.jpg20100412103727.jpg 見てください!

 この満開の桜と人でごった返した榴ヶ岡公園を!



 素晴らしい!














 出店も大盛況!
 大変そうです!
















 駄目です。



 信じられません。



 ミゾレ降ってます。





 そんな四月中旬榴ヶ岡公園からお届けしました。





 くやしいので某沼田さんのさくら(独唱)でお酒を飲みに行ってきます。
posted by 大場 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。